ペニスの陰茎部分は一般的にサオと呼ばれており、ヒアルロン酸や脂肪などを注入して太くすることができます。
陰茎増大とはサオの部分を太くする治療方法のことで様々なクリニックで行われています。
この治療を受けると注入した部分が勃起時だけでなく平常時にも太さを維持でき、ペニス全体がたくましくなって寒いときや緊張したときでも縮こまりません。
セックスの際には女性の膣内を圧迫して膣壁をこすりやすくなるため、刺激が高まるというメリットもあります。
料金や手術内容を知り自分に合ったクリニックと方法を選んで陰茎増大を行うとよいでしょう。

陰茎増大を行うならまず疑問を解決しましょう

陰茎増大を行う前に料金が安いかどうか疑問に感じるのが通常ですが、具体的な費用はクリニックや治療内容によって異なります。
満足できる綺麗な仕上がりにするためには、料金が安いかどうかだけでなくクリニックの信頼性も重要なポイントです。
安い料金で陰茎増大を行っているクリニックの多くは、あえて宣伝に力を入れていないという特徴があります。
雑誌やチラシ、インターネットなどで大々的な宣伝を行うと多くの人々に効果的にアピールできます。
しかし様々なメディアを使った宣伝には多額の費用が必要になるため、安い金額で治療を行うのは困難です。
知名度は低いものの安い金額で陰茎増大を行っており、確かな技術力が評価されて多くの患者を集めているクリニックも存在します。
陰茎増大を行う前に多くの人々が料金が安いかどうか疑問に感じますが、クリニックの信頼性についても十分気を付ける必要があります。

クリニックの中には多額の費用を使って宣伝を行う一方で、非常に安い費用で陰茎増大を行うところも存在します。
金額が安いことを積極的にアピールしているクリニックは、何らかの問題を抱えている可能性があるので注意してください。
料金が安くても確かな技術力があり多くの患者を治療してきた実績があるクリニックを選べば安心です。

陰茎増大には様々な方法が存在します

一般的なクリニックで行われている陰茎増大には注射剤を使う方法の他に患者自身の脂肪を注入する方法や、リパスを注入する方法があります。
注射剤を使う方法では主に高分子ヒアルロン酸を注射器でサオに注入します。
高分子ヒアルロン酸は通常のヒアルロン酸より粒子が大きく、体内に吸収されにくいよう加工が施されています。
この素材は長期間にわたってサオを太くすることができるため陰茎増大に適しており、治療に必要な時間はわずか10分です。
高分子ヒアルロン酸の他にアクアミドやバイオアルカミドなど非吸収性の素材が使われることもあります。

自己脂肪による陰茎増大では患者自身の下腹部などから注射器で採取した脂肪を使うため、30%から40%が定着し永久に残せます。
リパスはペニスを増大させるために開発された素材で、注入されると永久的に残るというメリットが存在します。
注射による陰茎増大では時間の経過とともに素材が失われるため、太さを維持するには再度治療を受ける必要があります。
脂肪を使う場合も時間が経過すると一定割合が失われるので再度の治療が必要になりますが、リパスは永久的に残るので何度も治療を受けなくて済みます。

なるべく費用を抑えて陰茎増大を行うには

陰茎増大を行う方法には高分子ヒアルロン酸などの素材を注入する方法の他にも、自己脂肪やリパスを注入する方法があります。
高分子ヒアルロン酸などの素材は比較的料金が安いというメリットがあり、長期間にわたり効果を維持できます。
ただしある程度の期間が過ぎると素材が失われるため、太さを維持するためには再び治療を受けなければなりません。
高分子ヒアルロン酸を注入する場合の一般的な料金は2ccが7万円ほどで10ccが33万円ほどです。
患者自身の脂肪を注入する場合は30%から40%が永久に定着しますが、時間が経てば一定割合が失われるため再度の治療が必要になります。
この方法で陰茎増大を行う場合の一般的な料金は55万円ほどなので、高分子ヒアルロン酸を使う場合と比べると高額です。

リパスはペニス増大用に開発された素材で永久的に太さを維持できるため、太さを維持するため何度も治療を受ける必要がありません。
この素材を使って陰茎増大を行う場合の一般的な料金は10ccで40万円ほどとされています。
リパスは1回の料金が比較的安いだけでなく何度も治療を受ける必要がないため、コストパフォーマンスが優れています。
1回あたりの費用を安く抑えたい場合は高分子ヒアルロン酸がおすすめですが、総合的な費用を安くしたい場合はリパスを選ぶとよいでしょう。

まとめ

陰茎増大はペニスのサオの部分に高分子ヒアルロン酸や患者自身の脂肪、リパスなどを注入して太くする治療です。
多くの人々が陰茎増大を行う前に料金が安いかどうか疑問に感じていますが、具体的な費用はクリニックの料金設定や治療内容によって異なります。
料金が安いだけでなく確かな技術力があり信頼できるクリニックで治療を受けることが大切です。
1回あたりの費用を抑えたいのであれば高分子ヒアルロン酸などを注射する方法を選ぶとよいでしょう。
総合的な費用を抑えたい場合は効果が永続するため再度の治療が不要なリパスを選ぶのがおすすめです。