陰茎増大は高額になりがちなのがネック

陰茎増大といってもいくつか方法がありますが、ポピュラーなのはヒアルロン酸を注入して太さや長さを理想的な水準にする方法です。
ヒアルロン酸は生体への親和性が高く、安心して使える要素ですので、陰茎増大以外にも加齢にともなうほうれい線の改善などのさまざまな用途に使われています。
この陰茎増大ですが、けがや病気の治療とは違って、そのまま放置していたとしても本人の健康に影響を及ぼしたり、生活に支障を与えたりすることはまずありません。
そのためけがや病気の際にはかならずといっていいほど適応対象となる健康保険が使えないことになっています。
このようなケースは自由診療といって、すべての料金は本人の負担となりますので、高額になりがちなのも無理はありません。
陰茎増大は数十万円近い高額となってしまうのがふつうですので、クリニックに相談する上でのネックとなりますが、クリニック側でも分割払いなどの配慮は行っています。

陰茎増大のほかにもさまざまな方法がある

陰茎増大を行うには高額な治療費が必要となってくるのは事実ですが、依頼者側としてはできるだけ安い価格で済ませたいというのも当然です。
もっとも安い価格にしたいとはいっても、ヒアルロン酸注入であれば、ヒアルロン酸1ccあたりの金額でいくらといった料金設定がなされているのがふつうですし、まして自由診療で本人がすべての金額を負担しなければなりませんので、安い価格を目指すのにも限界があります。
そこで安い価格を重視するのであれば、ひとつには複数のクリニックから見積もりをとってより安い料金を提示したところを選ぶのがよいでしょう。
もうひとつには陰茎増大以外の別の方法を検討してみることが挙げられます。
たとえば同じヒアルロン酸を注入するのでも、先端部分だけにすれば料金はより安くなるはずです。
この場合には太さや長さといった目的は果たせないかもしれませんが、実質的に女性を満足させたり、男性の自信を高めるのにはぴったりです。

まとめ

陰茎増大にはいくつか方法がありますが、ヒアルロン酸を注入する方法であれば、その分量に応じて価格が決まるのがふつうです。
また健康には直接的な関係がない自由診療であり、社会保険の適用がありませんので、料金が高額になりがちなのもネックです。
このような場合には、複数のクリニックから見積もりをとって安い金額を提示したところを選ぶことや、実質的な目的を満たすような陰茎増大以外の方法を試してみることなどが考えられます。

かなりの高額なので陰茎増大は安いとはいえない

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。