自由診療の費用はすべて自己負担になる

陰茎増大手術の費用相場をチェックして、思っていたより高いと感じた方は多いのではないでしょうか。
なぜ陰茎増大の費用は高くなりがちなのか、その理由は保険が適用されないことにあります。
保険が適用された場合、費用の自己負担割合は70歳未満なら3割程度です。
保険適用外の手術を受けたら、その費用はすべて自己負担となります。

通常、健康保険が適用される対象は、生活に支障のある症状に対する最低限の治療と決められています。
陰茎が仮に小さかったとしても、生活に支障をきたすことはないと考えられます。
このため、陰茎増大は健康保険適用外となっているのです。

安い費用ではありませんが、陰茎増大手術には様々なメリットがあります。
サイズが向上することで自分に自信が持てるようになったり、パートナーとの関係が深まる場合もあるでしょう。
自由診療なため費用の負担が大きくなりますが、そのメリットを考慮すれば、決して高額なわけではないのかもしれません。

陰茎増大の費用は手術内容やクリニックによって違う

自由診療の料金は、クリニックそれぞれが決めています。
ある程度の相場はありますが、どこのクリニックで手術を受けるのかにより、トータルでかかる費用が異なってくるでしょう。
また陰茎増大手術にはいくつか種類があり、その内容によっても料金が違ってきます。
シリコン挿入のような、切開を伴う陰茎増大術は費用が高くなる傾向です。
注射器で行われるヒアルロン酸注入といった施術は、比較的安い料金となっています。
どういった施術に対応しているかはクリニックによって違いますので、事前に確認が必要です。
予算が限られている場合は、幅広い手術内容に対応しているクリニックを選んだほうが安心でしょう。

どのような手術を受ける場合も、目的が陰茎増大である以上、健康保険が適用されることはありません。
なるべく安い費用で陰茎増大手術を受けたいなら、様々なタイプの注入法に対応している、優良なクリニックを選ぶようにしましょう。

まとめ

陰茎増大は病気の治療とは異なるため、保険適用外になります。
手術料金や診察料をすべて自己負担する形となりますので、それなりの費用が必要となるでしょう。
安い料金とはいえませんが、陰茎増大によって得られるメリットは小さいものではありません。
また手術方法によっては、かなり費用を抑えられる場合もあります。
安い費用で陰茎増大手術を受けたいなら、手術方法についてチェックし、クリニックごとの料金を比較してみましょう。

陰茎増大が安い金額でないのは保険適用外だから

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。