陰茎増大の術式にはさまざまなバリエーションがある

ひとくちに陰茎増大とはいっても、実際にはさまざまな術式があり、バリエーションに富んでいます。
もちろん基本的な技術はある程度確立されており、どのようなクリニックを訪れたとしても似たような術式を提案される可能性はありますが、少なくとも術式に応じて安いものと高いものの両方があることは事実です。
たとえば脂肪注入によって陰茎増大を図るもの、根元にあたる部分の脂肪を吸引するか、またはじん帯をゆるめて引っ張り出すもの、じん帯の一部をメスで剥離させて引っ張り出すものなどが挙げられます。
これらはメスによる切開をともなうかどうかといった違いがまずありますし、その人の体型によって適用できる術式が限定されることもあります。
いずれにしても陰茎増大は単純に大掛かりな手術をともなうとイメージしていた場合には、そのイメージを修正しておくことが必要です。
医師とのカウンセリングにおいて具体的な予算を提示しておけば、それにふさわしい方法を提案してくれることもあります。

陰茎増大の術式によっては安いものも

陰茎増大にはさまざまな術式があることがわかりましたが、このような術式の違いは取りも直さず料金につながってきます。
一般的なことをいえば、手術にかける医師の手間が多いものほど料金は高くなりますので、じん帯の一部をメスで剥離する本格的な方法は、いきおい料金も高く気なりがちといえます。
逆に脂肪注入などの手間が比較的少ない方法であれば、安い価格であっても請け負うクリニックは少なくありません。
特に脂肪注入の場合には、全体にわたってヒアルロン酸などを注射することも考えられますが、先端の部分だけにとどめて見た目の迫力を増すとともに、女性の感度を高めるといった方法が使えます。
もちろん全体にまんべんなく処置するよりも、先端の一部だけのほうが手間が少なくなりますし、安い料金になるのがふつうです。
それでもあえて安いほうを採用せずに全体への脂肪注入を選択するケースは、長さとともに太さも求める目的がある場合といえます。

まとめ

単に陰茎増大とはいっても、脂肪注入による方法、根元部分の脂肪を吸引する方法、根元部分を引っ張り出す方法などのさまざまな術式があり、医師の手間も異なります。
このような医師の手間がどれほどかかるのかによって料金は異なりますので、逆に料金が安い術式を選択することも可能です。
特に脂肪注入の場合には、全体に注入する方法と先端だけに注入する方法があり、後者のほうが手間が少ないだけ料金が安いことが多いといえます。

陰茎増大の術式によっては比較的安いものもある

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。